佃眞吾 「 MOKKI 」 展覧会
2013年3月16日(土) — 31日(日)

在廊日:3月16日
開廊時間:11時 - 18時
会期中は無休

佃さんは、地元長浜市出身、今回二回目の展覧会です。
お付き合いはそんなに長くはありませんが、同郷というのは不思議なもので、話していても、どこか安心感に似た感情が湧いてきます。
古道具や作りかけのMOKKI、仕上がった作品などに囲まれた工房の一角に腰を下ろすと、香り豊かな珈琲を手慣れた仕草で淹れてもらい、話しがますます弾みます。
この間は「お雑煮」で盛り上がり、白味噌が最高に美味しいと、
おふくろの味を愛して止まない優しい佃さんの一面を知りました。
佃さんは伝統的な確かな技術を手につけられていますが、イメージとは違い、とても考え方がやわらかく、大きな包容力を感じます。
代表的な我谷彫盆は、愛用者があとを絶ちませんし、
刳りぬいてつくるMOKKIは、作り手である佃さんに通じる包容力で、
パンやフルーツ、珈琲など洋のアイテムをも受け留めてくれるから
現代の生活にも取り入れやすいのです。


プロフィール
1967(昭和42)年滋賀県長浜市生まれ。
京都の木工塾で木工家・黒田乾吉さんに刳物の指導を受ける
その後、京指物の井口木工所に入社。
約14年にわたって職人修業を経験。
独立後、京都右京区で「木工藝 佃」を立ち上げ、個展を中心に活動している。

 

佃眞吾 「 MOKKI 」 展覧会

2013年3月16日(土) — 31日(日)
open 11:00 - 18:00
展覧会期間中も常設展示はご覧いただけます

 

展覧会スケジュール2013 (休廊日についてはこちら) | 2012年はこちら

 
12月22日 - 1月20日 桐本泰一(漆器)
2013年 2月 2日 - 3月 3日 川村忠晴 (植物の灯り)
3月16日 - 3月31日 佃眞吾 (漆器・木工)
4月 3日 - 4月 5日 常設展示
4月 6日 - 4月21日 薄井ゆかり (裂き織りバッグ)
4月22日 - 5月10日 常設展示
5月11日 - 5月26日 伊藤環 (陶器)
5月27日 - 6月 7日 常設展示
6月 8日 - 6月23日 新宮州三 (漆器)
6月24日 - 7月 5日 常設展示
7月 6日 - 7月21日 安齋新・厚子(陶磁器)
7月22日 - 7月26日 常設展示
7月27日 - 8月11日 市川孝(陶器)
8月12日 - 9月 6日 常設展示
9月 7日 - 9月23日 吉田次朗(陶器・オブジェ)
9月24日 - 10月18日 常設展示
10月19日 - 10月27日 mon Sakata(衣服)
10月28日 - 11月 1日 常設展示
11月 2日 - 11月17日 赤木明登(漆器)
11月18日 - 11月29日 常設展示
11月30日 - 12月15日 杉村徹(木工)+服部竜也(陶器)