• facebook
  • Instagram

1/3

ARCHIVE

EXHIBITION

Kibiya +

Go Takagi +

Shinkou Nakanishi

Three people exhibition

木日屋+

高木剛+

中西申幸

三人展

2018年3月3日(土) - 18日(日)

開廊時間 : 11:00 - 18:00
会期中は無休

在廊:木日屋(3日・4日)、高木剛(3日)

1/6

March 03 (Sat.) - 18 (Sun.) in 2018

Exhibition hours : 11:00 – 18:00

​tokinokumo

木日屋+ 高木剛+ 中西申幸 三人展

2018年3月3日(土) - 18日(日)

開廊時間 : 11:00 - 18:00  <会期中は無休>

在廊:木日屋(3日・4日)、高木剛(3日)

会場:季の雲【住所・地図】

木日屋 Kibiya
大阪生まれ。大分県に移住し4年。きこりの仕事をしながら、作品をつくる毎日。
どれだけ、木がすきやねん、と、突っ込みたくなるほどです。
昨年の展覧会から約一年、地元の七島藺(しちとうい)という植物を座面に編み込んだスツールはますます美しい仕上がり。カトラリーは控えめに、永く使ってもらえる家具をつくっていきたいと木日屋さんらしい向き合い方が気持ち良いです。


高木剛 Go Takagi
鹿児島県生まれ。現在は京都京北にて活動。今展では従来から作られている粉引のうつわ、刷毛目のうつわの他に前回の展覧会後、10年来の願いだった薪窯を高木さん本人がつくったそうでその窯で焼成した花器・酒器・茶器などをご覧いただけます。
昨年、親となった高木さん、単純に嬉しい、お子さんの笑顔に仕事の疲れも癒される。と創作意欲に家族の存在は大きいようです。頑張るお父さんの仕事ぶり、見せてもらいましょう。


中西申幸 Shinkou Nakanishi
大阪生まれ。温暖な徳島でも今冬は例年になく寒さ厳しく、制作過程の土が凍らないように、発泡スチロールに保管したり工房では、薪ストーブに加え灯油ストーブまで出し、他の作り手さんは当たり前に寒さ対策をされていることなのですが今まで、自分は恵まれた環境で制作できていたんだと、改めて感謝されているようです。
粉引、刷毛目、象篏など、今展では轆轤目等の手跡の良さを改めて感じて貰えるように意識して、作陶したものが届くそうです。

木日屋+高木剛+中西申幸 三人展

2018年3月3日(土) - 18日(日)
開廊時間 : 11時 - 18時
在廊:木日屋(3日・4日)、高木剛(3日)
会期中は無休
展覧会期間中も常設展示をご覧いただけます

1/38

今後の展覧会・常設展