• facebook
  • Instagram

ARCHIVE

EXHIBITION​

Shigeyoshi Morioka &

Yuriko Morioka Exhibition

森岡成好 ・由利子

展覧会

2019年

3月2日(土)  - 17日(日)

開廊時間:11:00 - 18:00
会期中は無休

在廊:2日

1/1

Mar.2 (Sat.) - Mar.17 (Sun) in 2019​

Exhibition hours : 11:00 – 18:00

​tokinokumo

森岡成好・由利子 展覧会

2019年3月2日(土)  - 17日(日)

開廊時間 : 11:00 - 18:00  <会期中は無休>

在廊:2日

会場:季の雲【住所・地図】

季の雲二回目となる、お二人の展覧会。
全て薪窯焼成で作られたお二人のうつわや壺は、窯変が美しく、力強い。ご自身で建てられた自宅と工房、その空間にも力が宿っていることを感じます。お話を伺っていると、人間の原点を教えられるような気持ちになり、自分が恥ずかしくなりますが、真似はできないなと、あっさり諦め、時折、スパイスの効いたお話しをされる由利子さんとのお電話に、笑いは絶えず、参っちゃうなぁと、惹きつけられる私なのでした。

「生まれ育った東北…。実家の周囲には旧石器や縄文、弥生など、多くの遺跡があった。今でいう「歴女」のはしりか、生来旧いものに魅かれる性癖であったとみえて、心躍らせて通い詰めた。縄文土器の破片を手に「何故、このような表面装飾を施したのだろう?」などと遥か古代に心を翔ばせてみたり…。

その「何故?」がのちの私を決定づけたように思う。考古学者にはならなかったが、生業として選んだ焼き物屋としての仕事でも、学びの対象としてきたのは、博物館に並んでいる発掘品。出土した土器からは、使用された土の風合いから含有鉄分や耐火度が想像される。周囲の地形・地質と相まって、粘土層の場所を探す手立てとなる。先日訪れた福岡県うきは市も、日の岡古墳の出土品をヒントに、直下の田んぼ跡地で上質の陶土を見つけた。博物館で土器を見た瞬間の興奮は忘れがたい。
 
これだから、焼き物屋は止められない。             

         2019年 立春を前に 森岡由利子」

森岡成好さんと由利子さんのブログ 

https://shige-yuri.net

20190204-DSC07097.jpg

1/24

今後の展覧会・常設展