崔在皓
角掛政志
中西申幸
中村豊実
芳賀龍一
服部竜也
花岡隆
フルカワゲンゴ
マルティン・ハヌシュ
三笘修
村上雄一
村田匠也
森岡成好
森岡由利子
山田隆太郎
横山拓也
吉田次朗
出西窯
山根窯
湯町窯
一覧
井藤昌志
woodpecker
小倉広太郎
加藤良行
木日屋
杉村徹
もっと見る
高野竹工
佃眞吾
蓮渓円誠
羽生野亜
ふるいともかず
古川潤
水野悠祐
一覧
荒川尚也
井上美樹
今井美智
ukiroosh
えむに
蠣崎マコト
艸田正樹
小澄正雄
小林裕之・希
津田清和
でく工房
とりもと硝子店
中野幹子
新田佳子
一覧
大山求
KINTA STUDIO
銀猫
関昌生
もっと見る
竹俣勇壱
村上和香奈
一覧
鎌田克慈
桐本泰一
新宮州三
杉田明彦
土田和茂
村瀬治兵衛(嘉門工藝)
矢橋工房
一覧
浦田由美子
曽田耕
月の木
松下小百合
MAROBAYA
村上和香奈
一覧
しゅんしゅん
前田景
一覧
川村忠晴
エザキせんべい製菓
福田養蜂場
季の雲オリジナル
antique
もっと見る

| 作家別 |

一覧
青木良太
安齋新・厚子
安藤雅信
市川孝
伊藤環
大江憲一
大谷哲也
大中和典
大平新五
大村剛
岡田直人
小澤章子
喜多村光史
KINTA STUDIO
黒畑日佐代
境知子
境道一
清水志郎
清水善行
鈴木照雄
髙木剛
竹下鹿丸
竹下努
田中敬史
田中大喜
田中陽子
もっと見る
  • facebook
  • Instagram

ARCHIVE

EXHIBITION

Motomu Ohyama +

Akihiko Sugita Exhibition

大山求 +

杉田明彦展覧会

2019年11月23日(土祝)  

      - 12月8日(日)

開廊時間:11:00 - 18:00
会期中は無休
在廊:23日

1/1

Nov.23(Sat.) - Dec.8 (Sun) in 2019

Exhibition hours : 11:00 – 18:00

​tokinokumo

大山求 + 杉田明彦展覧会

2019年11月23日(土)  - 12月8日(日)

開廊時間 : 11:00 - 18:00  <会期中は無休>

​在廊:23日

会場:季の雲【住所・地図】

大山さんの鉄をはじめとする金属の黒
杉田さんの漆器の黒と渋い朱色
お二人の作品は、とてもダンディーです

The metallic black found in iron and others of Motomu Ohyama's works

The lacquer black and subdued of Akihiko Sugita's works

Both works are felt dandyism, so much.



大山さんの、スタンドランプは男性には堪らないことでしょう
ご自分の書斎や、共有スペースの一角に置いて
灯りを楽しみたい、そんな気持ちになりますね

Motomu Oyama's stand lamps (upright lamps) must attract a lot of men who feel like enjoying the light to be putting in their private room or on the corner of share space. 

杉田さんの作品、今回は、現代美術のような形あり三日月高台の椀ありと、新しい挑戦を感じることができます
We can feel that Akihiko Sugita's has been challenging new style as the cup with crescent - moon foot and works with the modern art shape.


・・・・・・・・・・・・・・・・・

季の雲での初個展にて、中村さんより鉄の茶道具の制作を勧めていただきました。そして現在、茶道具は私の展覧会に於いて欠かせない作品となった次第です。
今展、スタンドランプ、灯明などと共に、茶道具達は生まれ故郷に帰るかの如く思いです。

When my first solo exhibition in was held in TOKI no KUMO, Nakamura who is the owner of the gallery recommended me to make iron teawear. Since then, teawear has become the indispensable in my exhibitions.

So I feel that as if teaware came to their hometown with stand lamps.

 「大山求」
"Motomu Ohyama"

 


漆の働き活発な季節は夏で、乾きが早く作業もはかどります。しかし、なぜか使いたくなるのは秋から冬にかけて
美味しい食材が豊富な季節。作業は思うようにすすみません。おでん、栗ご飯、白菜鍋、かす汁、牡蠣鍋、鰤しゃぶ..毎年このジレンマに悩まされています。

The season lacquer reacts actively is summer, it dries early that I can work quickly. 

However, I feel like using the most is from fall to winter which is the season we are likely to enjoy a lot of delicious food. 

Things do not work out as intended. -Oden, kurigohan, hakusai-nabe, kasu-jiru, kaki-nabe, buri-shabu...I'm pestered with dilemma every year.

「杉田明彦」

"Akihiko Sugita"

*Oden, kurigohan, hakusai-nabe, kasu-jiru, kaki^nabe, buri-shabu: All are Japanese delicious dishes. If you happen to be interested, please check thems out.

____________________________

*初日は、Peru先生の門下の方による振る舞い茶(中国茶)をさせていただきます。
 中国茶の疑問があれば、どんどんご質問してみてください。丁寧に教えてくだいますよ、楽しみにお出掛けください。

*At the first day of the exhibition, the disciple of the master Peru will prepare the chinese tea, and please be free to enjoy the tea.

If have any question about the chinese tea ,

you also could ask the disciple.

she will answer you very carefully and kindly.

This is a good chance to learn about the chinese tea,

Please join the chinese tea, and have a good day.

1/31

今後の展覧会・常設展

  • facebook
  • Instagram
0