• facebook
  • Instagram

press to zoom

press to zoom
1/1

EXHIBITION
ONGOING

Akihiko Sugita & Martin Hanus&
Wakana Murakami Exhibition

杉田明彦・マルティンハヌシュ
・村上和香奈 展覧会

2022年9月17日(土)  - 25日(日)

開廊時間 : 11:00 - 18:00
会期中は無休

在廊:未定

press to zoom

press to zoom
1/1

Sep.  17 (Sat.) - Sep.25(Mon.) in 2022

Exhibition hours : 11:00 – 18:00

​tokinokumo

杉田明彦・マルティンハヌシュ・村上和香奈 三人展

2022年9月17日(土)  - 25日(日)

開廊時間:11:00  -  18:00
 <会期中は無休>

在廊:未定

会場:季の雲【住所・地図】

杉田さんの展覧会は約3年、マルちゃんは約4年、

和香奈さんは約1年半ぶりの展覧会です。

 

杉田さんの漆器、マルちゃんの陶器、和香奈さんの金属と布。

 

3人の作品が一つの空間でどんなハーモニーを奏でてくれるのでしょう。

 

 

 

杉田さんは、この5~6年特に忙しく、

仕事ばかりの毎日で

外に出る機会がめっきり少ないせいで

「カラダが真っ白です」と笑わせてくれました。

 

今までよりシックな色目の赤になり、

落ち着いた大人の漆器がたくさん。

 

黒と赤どちらにしようか、すごく悩みます。

 

3サイズ展開の挽目皿は、

砥の粉に漆を混ぜた「錆漆」と言われる漆を使用し

 

シンプルで軽く使いやすいアイテムに仕上がっています。

 

 

 

マルティンさんは、お茶好きで、

どこにいくにも茶器とお湯を持ち歩き

 

揺れる車や電車でも、

上手にお茶を淹れてくれる心優しいチェコ人。

 

なので、お茶好きの間では超有名人なんですよ。

 

怒ることがないんだろうなと思うほど、

いつも穏やかで可愛いマルちゃん。

 

古物好きで、京都の骨董市や蚤の市にひょこんと現れ、出会った人皆を虜にしちゃうほど。

 

愛すべきマルティンハヌシュさんです。

 

 

 

和香奈さんとは、毎年の中国茶器展、

茶遊記など、いつも連絡をとっているためか、

遠く宮城県に居る人ですが、

勝手に近くに感じています。

 

金属を叩き茶器や茶道具を作り、ちくちくと針を進め、茶器を包む布の作品があり、

 

器用にさまざまなモノづくりをされています。

 

写真の綿入り袋は、和香奈さんご自身で柿渋染めをし制作、

 

古布など様々な布で、綿入り袋を出品してくださるようです。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

今展は、ご予約制ではございませんが、混み合った場合は、

 

整理券を発行し、入場の人数制限をさせていただきますので、

 

ご理解のほどお願いいたします。

 

 

 

*初日は、Peru先生の門下の方に、振る舞い茶(中国茶)を淹れていただきます。

 

 

 

Instagram:@sugita_akihiko / @l.u.c.e_l.u.c.e / @nejinowa / @tokinokumo

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/18

今後の展覧会・常設展