Mitsufumi Kitamura

喜多村光史

「世の中に硬質で丈夫なうつわはたくさんあるから 柔らかいうつわを
作っていきたいんです」。と言い切る人。
だから、あの柔らかくて優しい風合いが出るのですね。
一途に従来の粉引を追求し、作り続けていくことは、とても気力のいることだし だからこそ飽きがこず使い続けたいうつわが生まれるのですね。
黒っぽいうつわは最近の自信作 とっても表情が豊かなうつわだ。
喜多村さんによれば 緑の野菜や 茄子などを盛りつけると艶っぽく 色っぽいという。