Keiji Tanaka

田中敬史

京都府生まれ。大学卒業後、信楽の製陶所に勤めましたが、後に、森岡成好氏に弟子入り、焼締や穴窯の魅力を知り、現在は滋賀県日野町で作陶の毎日です。近くの山に土を掘りに行き、焼締と釉薬ものを今回出品されます。一年間に、焼締の窯焚きと釉薬ものの窯焚きをそれぞれ一回、師匠の森岡さんに近づきたいと、彼の情熱が込もったうつわが並びます。