現在:常設展示をご覧いただけます
次回:木日屋+竹下努+田中大喜+中西申幸+福井賢治 5人展
2017年3月11日(土) - 26日(日)

 
 

木日屋

竹下努

田中大喜

中西申幸

福井賢治

5人展

2017年3月11日(土) - 26日(日)

在廊日
木日屋11日、12日 ・ 竹下努11日 ・ 田中大喜11日、12日
中西申幸11日 ・ 福井賢治11日

会期中は無休
開廊時間:11時から18時

 



木日屋

Kibiya

 

七島藺(しちとうい)はカヤツリグサ科の植物で大変丈夫なことから、柔道場や囲炉裏の周りなどの畳に使用されています。その七島藺は、大分県国東地方でしか生産されていない貴重なもので、途絶えさせたくないとの想いもあり岡山から引っ越して、制作活動をしている木日屋さん。写真の椅子の座面がまさに、この七島藺で編み込まれています。季の雲では、3年前のグループ展でもご紹介した木日屋さん。自作の蹴轆轤で木の器も作っていて今展にも、器に匙なども少し持ち込まれます。これからは、七島藺を使った作品をどんどん生み出していきたいと地域産業の発展に一翼を担う覚悟のようです。嬉しいのは、和室洋室を選ばない椅子ってこと。

 



竹下努

Tsutomu Takeshita

 

陶芸を始めた頃、師匠の影響で粉引からつくりはじめたものの土ものの傑作を目にしたときの衝撃で行き詰まったと感じ、一旦土から離れて磁器に取り組みはじめて約6年。でもまたいつか、土ものも作っていきたいと自問自答している彼の、数年後が愉しみだ。李朝を感じさせる竹下さんの白磁はシンプルななかにも、表情豊かなうつわが多い。息抜きは植物をいじること、多肉植物に魅せられているらしい。彼曰く、ヘンなカタチが面白いのだと言う。作陶のときとは明らかに違う脳を使っているのでリフレッシュになるとも。田中さん同様、季の雲では初めての展覧会。「お手柔らかに」と言いながら、とても緊張しているらしい。

 



田中大喜

Daiki Tanaka

 

田中さんは手を動かすのが好きな人なんだろうな。まず、福井県で紙漉きをしていた時期があり、そこで陶芸に触れる機会を得、あっやってみたいと転進した経歴がある。陶芸のやりがいを聞いてみた。思い通りにいかない部分が楽しいし、釉薬のテストでいい感じに仕上がるとそれを活かすためのトライ&エラーも面白がっている。田中さんの作品はいつも変化している。今は何かを極めるというより、自由に作っている印象だ。見かけとは違って、真面目な器が出てくるあたり彼の魅力ではないかな。田中さんは大津で活動中。地元滋賀でのそして、もちろん季の雲での展覧会も初。季の雲の広い空間に、自分のうつわがどう映るのか待ち遠しいと話す田中さんです。

 



中西申幸

Shinkou Nakanishi

 

温暖な徳島ですが、今年の冬は例年より寒く、あかぎれが辛いと話してくれました。土を触っていると、手の水分・油分を吸い取られカサカサになってしまうのだ。絵付けのうつわが、とても人気の中西さんですが、ご本人は、象嵌のうつわに力を入れていきたいらしい。もっともっと象嵌のうつわを愛用してもらえるようにコツコツとつくり続けていきたいとも。季の雲では、二回目の展覧会。たくさんのバリエーションを持つ彼は今回、どんなうつわを並べてくれるのかな。気取らず、普段にガンガン使えるうつわをお探しな、ら中西さんのうつわはピッタリです。

 



福井賢治

Woodpecker

 

いちょうのまな板を奥様のために作ったのがスタートの福井さん。woodpeckerを立ち上げて今年で10年。新作の時計、写真はサクラ材、他にはトチ材も少し。ブレゲ時計の針の形と文字にアンティークの雰囲気を感じ、そのイメージを大切に、カタチにしたという自信作。もちろん先日、NHK「美の壺」で紹介された、いちょうのまな板も手にとっていただけますし、迫力ある30cmほどのサラダボウル、皮のついた面白い木から、カッティングボードや中国茶器を並べるような細長い板皿などをつくるという。

 

木日屋+竹下努+田中大喜+中西申幸+福井賢治 5人展

2017年3月11日(土) - 26日(日)
開廊時間 : 11時 - 18時
会期中は無休
展覧会期間中も常設展示をご覧いただけます

 

展覧会スケジュール2016-2017 (休廊日についてはこちら) | 過去の展覧会はこちら

 
12月23日 - 1月22日 加藤良行(木工)
2012年 2月11日 - 3月 4日 大江憲一(陶器)+ 服部竜也(陶器)+
ふじい製作所(木工)+ woodpecker(木工)
3月17日 - 3月25日 井上陽子+ 吉田次朗
4月14日 - 4月22日 村上躍(陶器)
4月28日 - 5月 6日 garakuta展 X
5月12日 - 5月20日 岡田直人(陶器)+ 竹俣勇壱(金属)
6月 2日 - 6月10日 三谷龍二(木工)
6月22日 - 6月24日 Relation:珈琲+シャツ+板皿展
7月 7日 - 7月22日 坂野友紀(金属)
7月28日 - 8月12日 市川孝(陶器)
8月15日 - 9月 2日 鳥取の手仕事展
9月15日 - 9月30日 花岡隆(陶器)
10月 6日 - 10月21日 MAROBAYA(衣服)
11月 3日 - 11月18日 大村剛(陶器)+ 黒畑日佐代(陶器)+
関昌生(金属)+ sava(フェルト・他)
12月 1日 - 12月16日 青木良太(陶磁器)
12月22日 - 1月20日 桐本泰一(漆器)
2013年 2月 2日 - 3月 3日 川村忠晴 (植物の灯り)
3月16日 - 3月31日 佃眞吾 (漆器・木工)
4月 6日 - 4月21日 薄井ゆかり (裂き織りバッグ)
4月24日 - 5月 9日 古道具を充実させた常設展
5月11日 - 5月26日 伊藤環 (陶器)
6月 8日 - 6月23日 新宮州三 (漆器)
7月 6日 - 7月21日 安齋新・厚子(陶磁器)
7月 6日 季の雲10周年イベント vol.2
mama!milk live at 季の雲ゲストハウス
7月27日 - 8月11日 市川孝(陶器)
8月13日 - 9月 5日 夏の古道具展
9月 7日 - 9月23日 吉田次朗(陶器・オブジェ)
9月28日 - 10月14日 山陰展
10月17日 - 10月27日 mon Sakata(衣服)
11月 2日 - 11月17日 赤木明登(漆器)
11月30日 - 12月15日 杉村徹(木工)+服部竜也(陶器)
12月18日 - 1月13日 浦田由美子(フェルト)+月の木(布)+村上和香奈(布)
2014年 1月16日 - 2月13日 古道具展
2月15日 - 3月 9日 木日屋(木工)+福井賢治(木工)
+ふじい製作所(木工)+ふるいともかず(木工)
3月15日 - 3月30日 艸田正樹(ガラス)+竹中悠記(ガラス)+でく工房(ガラス)
+新田佳子(ガラス)+矢野志郎(ガラス)
4月12日 - 4月20日 三笘修(陶磁器)
4月26日 - 5月 6日 ギャラリーONO(ガベ)
5月10日 - 5月25日 羽生野亜(木工)+横山拓也(陶器)
6月 7日 - 6月22日 岡田直人(磁器)
7月 5日 - 7月21日 井藤昌志(木工)
8月2日 - 8月17日 市川孝(陶器)
8月20日 - 9月 3日 窯工房(骨董)
9月 6日 - 9月23日 関昌生(ワイヤー)+山下カバン(布バッグ)
+sava(木工・フェルト)
10月 4日 - 10月19日 KINTA(木工)
11月 1日 - 11月16日 鎌田克慈(漆器)+杉田明彦(漆器)+土田和茂(漆器)
11月22日 - 12月 7日 青木良太(陶磁器)
2015年 1月 3日 - 1月12日 古道具展
1月17日 - 2月 1日 海野 毅(金属)+髙木 剛(陶器)
+水野悠祐(木工)+田中敬史(陶器)
2月 7日 - 2月22日 清水善行(陶磁器)
3月 7日 - 3月22日 佃眞吾(木工)
3月26日 - 4月 5日 mon Sakata(洋服)
4月11日 - 4月26日 安斎新・厚子(陶磁器)
4月29日 - 5月10日 曽田耕(革)
5月23日 - 6月 7日 安藤雅信(陶磁器)
6月20日 - 7月 5日 崔在皓 チェ ジェホ(磁器)
7月11日 - 7月26日 艸田正樹(ガラス)+杉村徹(木工)+中野幹子(ガラス)
8月 8日 - 8月23日 市川孝(陶器)
8月29日 - 9月13日 古道具展『花のある暮らし』
9月19日 - 9月27日 三谷龍二(木工)
10月 3日 - 10月18日 薄井ゆかり(裂き織り)
10月31日 - 11月15日 MAROBAYA(洋服)
11月21日 - 12月 6日 岡田直人(陶磁器)+新宮州三(漆)
12月12日 - 12月23日 髙木 剛(陶器)・田中敬史(陶器)・村上雄一(陶磁器)
2016年 1月16日 - 1月31日 マルティン ハヌシュ(陶器)
2月 6日 - 2月21日 中国茶器展
2月27日 - 3月13日 井上美樹(ガラス)・中西申幸(陶器)・水野悠祐(木工)
3月26日 - 4月3日 三笘修(陶器)
4月29日 - 5月8日 古道具展
5月21日 - 5月29日 津田清和 (ガラス)
6月11日 - 6月26日 服部竜也 (陶磁器)
7月2日 - 7月18日 井藤昌志 (木工)
8月6日 - 8月14日 市川孝 (陶磁器)
8月27日 - 9月11日 大山求 (鉄)
9月17日 - 10月 2日 大江憲一 (陶磁器) ・ 新田佳子 (ガラス)
10月 8日 - 10月23日 羽生野亜 (木工)
10月29日 - 11月13日 森岡成好 (陶器) ・ 森岡由利子 (磁器)
11月19日 - 12月 4日 青木良太 (陶磁器)
12月10日 - 12月25日 村上雄一 (陶磁器)
2017年 1月 3日 - 1月 9日 古道具展
1月14日 - 1月29日 杉村徹 (木工)・角掛政志 (陶器)
2月11日 - 2月26日 中国茶器展II
 
2017年 3月1日 - 3月10日 常設
3月11日 - 3月26日 木日屋(木工)・竹下努(磁器)・田中大喜(陶磁器)
中西申幸(陶器)・福井賢治(木工)
3月27日 - 3月31日 常設
4月 1日 - 4月 9日 大平新五(陶器・古道具)
4月10日 - 4月14日 常設
4月15日 - 4月23日 佃眞吾(木工)
4月24日 - 4月28日 常設
4月29日 - 5月 7日 茶遊記展
5月 8日 - 5月12日 常設
5月13日 - 5月28日 喜多村光史(陶器)・ 新田佳子(ガラス)